神戸脱毛サロン

どの脱毛方法を選べばいい?

神戸にあるたくさんの脱毛サロンですが、だいたいの格安サロンは光脱毛を採用していますが、一部のクリニック系などは別の脱毛方法を採用しています。

 

脱毛方法にはいくつかの種類がありますから、自分のニーズに合わせてその中から選ぶ必要があります。
まず、永久脱毛を希望するのであればクリニック(美容外科・皮膚科)で行っている電気脱毛かレーザー脱毛ということになるでしょう。

 

これらを応用した技術としてエステサロンや脱毛サロンのニードル脱毛や光脱毛がありますが、厳密には永久脱毛の定義に当てはまらないとされているため、クリニックより安いからという理由でサロンで脱毛を受けてもそれが永久的な脱毛になるかといわれると疑問が残ります。

 

ですから、永久脱毛を希望するのであればクリニックの脱毛方法から選んだ方が無難ですし、毛の量をある程度減らせればいいということであればサロンで光脱毛を何度か受けるということが目的に合っているのではないかと思われるわけです。

電気脱毛とニードル脱毛

もっと施術の内容を詳しく見て行きましょう。
まず、電気脱毛とニードル脱毛は、毛穴ひとつひとつに、電気の通る細い針を差し込んでそこから通電することで毛母細胞を破壊する技術です。

 

一つ一つの毛穴に地道に差し込んでいくので時間がかかることと、痛みが強いというのが欠点といえますが、脱毛の効果は高くサロンのニードル脱毛でも確実性はかなりのもののようです。

 

ただし、痛みを軽減するために麻酔を使えるのは医療機関だけですから、サロンでこの痛みに耐えるのは厳しいかもしれません。痛みに耐えられそうにないのであればクリニックで麻酔使用の上電気脱毛を受けるのが良いかもしれません。

医療レーザー脱毛

そして医療レーザー脱毛と、サロンでの光脱毛ですが、メラニン色素に反応する光を脱毛したい毛が生えている部位に照射して毛の根元を高熱にし、それが触れている毛母細胞を破壊するというメカニズムで行われます。

 

医療レーザーと光脱毛の決定的な違いは出力と光の種類で、やはり光脱毛の脱毛効果はどうしても医療レーザーに劣り、永久脱毛と呼ぶことは出来ません。

 

また、電気脱毛やニードル脱毛に比べるとこれらの光技術を用いた脱毛方法は痛みがかなり弱まっているようで、そこが人気の秘訣となっているようです。

 

永久脱毛を希望するのであれば医療レーザーが確実ですが、光脱毛でも毛を薄くするということは可能なので、自己処理の負担が少し軽くなる程度でいいということであれば、サロンの方が安価ですからこちらをオススメします。